現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

子どもの能力遺伝子検査の適齢期

2015/01/20(火)

さんタクの記事(http://www.livingtime.jp/wpcms/?p=379)への


アクセスがこれまでにない勢いで読まれてます。


TVのちからってまだまだ凄いですね、リビングタイム古川です。


木村拓哉さんや明石家さんまさんがやってた


子どもの能力遺伝子検査は0歳から受ける事が可能なのですが、


最もベストな時期っていうのは


いつなのでしょうか。


筋力からみるピーク


筋力のピークは20歳前後と言われてます。


トレーニングなど何もしなければ20歳をすぎると1年で1%づつ落ちるという文献もあります。


30歳前後のアスリートがムキムキでどんどん記録を伸ばすような選手は、


わたしでは想像もつかないような努力をされてると思います。


と言う事は要領よくトレーニングを積むのなら20歳より下となります。


自我が芽生えるのは


1、2歳からイヤイヤ期を経過してる時点で自我が芽生えてると言っても過言ではないのですが、


将来の事を考え始めるのは小学校高学年の11、12歳前後ではないでしょうか。


そのころにその道に進める様に環境を整えるのが周りの大人のできる事です。


遺伝子検査をなぜするのかは下の記事からどうぞ。


http://www.livingtime.jp/wpcms/?p=280


本当の適齢期とは


早期教育をやるならば早ければ早い方が良いと考えます。


遺伝子は変わることはないので遺伝子検査は人生で一度きり。


やるなら早い方が良いのではないでしょうか。


http://www.livingtime.jp/lp/dna/


dnalp6


記事カテゴリー Livingtime>livingtime.jp情報